事業性評価

渋谷の税理士えいかわです。

 

金融機関での融資審査、

以前は決算書の内容や保証・担保が中心でした。

 

平成26年9月金融庁の方針として、

事業性評価に基づく融資が盛り込まれたことにより、

事業内容や企業の成長可能性が評価されるようになりました。

ドラマ「半沢直樹」での一コマを思い出します。

 

自社の特長や同業他社の動向を知ることで、

今後の事業の見通しに役立てます。

企業が気が付いていない自社の強みや、

ライバル企業の動向を具体的に知ることにもなります。

 

この事業性評価に基づく融資を促す策が次々に発表されています。

「円滑な資金供給の促進に向けて」(平成27年7月金融庁)では、
「自らの事業の内容や今後の見通し等について、金融機関に説明・相談すること」を推奨しており、

事業性評価の入り口となる、企業の財務健康診断ツール、
「ローカルベンチマーク」(平成29年3月経済産業省)

が公表されました。

 

このローカルベンチマークは、
Excelによる自動計算で、

  1. 売上増加率(売上持続性)
  2. 営業利益率(収益性)
  3. 労働生産性(生産性)
  4. EBITDA有利子負債倍率(健全性)
  5. 営業運転資本回転率(効率性)
  6. 自己資本比率(安全性)

を簡単に知ることができます。

この数値を、どのように事業に役立てるかが重要です。

 

最後は私の宣伝ですが、

顧問税理士がこの分野に明るいと、

より有益なサポートを受けられると思います。

 

時流を捉え、次の一手を考える。

 

 

会計を経営にいかす!
渋谷の税理士えいかわ
税理士法人永川会計事務所

 

 

↓↓↓   ブログランキングに参加しています!現在138位!!
↓↓↓↓↓   クリックしていただけると嬉しいです(^^

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください