役に立つ事業計画書

補助金や融資の審査など、様々な場面で事業計画書は必要になります。

事業計画書の本来の価値が発揮されるのは、

補助金を採択された後であり、融資が実行された後。

 

事業計画書がその後の事業の道しるべの役割を果たします。

この道しるべは、経営の状況が変わるごとに書き換えられ、ボロボロになるまで使います。

計画には様々な要素があり、それぞれの根拠について経営者と確認。

また、数値化された計画書を通じて具体的に事業を理解できるため、開業後の問題発見やその対応に差が出ます。

 

先日、新規事業の計画策定のセカンドオピニオンとしてのご相談をお受けしましたが、ご自身は計画の内容を理解していない部分がありご不安とのことでした。

計画書はよく書けていましたが、大事なのは事業を成功させること。

経営者が理解していない計画は、その後の経営には役に立ちません。

 

資金調達は、事業を成功させるために非常に重要な要素ですが、

事業計画を生かせるかどうかはこれと同じくらい重要です、、

事業を成功させるために。

 


活気あふれるハノイの街

 

 

会計を経営にいかす!
税理士法人永川会計事務所

 

↓↓↓   ブログランキングに参加しています!現在119位!!
↓↓↓↓↓   クリックしていただけると嬉しいです(^^

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください