改正消費税への準備

今年10月から消費税は10%に引き上げられ、
食料品や新聞が8%のままであることはご存知のとおりです。

この軽減税率の対象が何であるかは話題になるのですが、
請求書が変わることはあまり知られていません。
インボイス制度が導入されます。

改正の最も大きな影響は、
このインボイスが消費税計算の控除の要件になることと、
免税事業者はインボイスを発行できない点です。

免税事業者は、
自社の取引先が事業者であるかどうか、
簡易課税制度の選択により有利であるか、
などにより課税事業者を選択し事業者登録することもあると思います。

インボイス自体は、
日本では馴染みがなく難しく感じるのですが、
要件を整理すればカンタンです。

本格的な導入は4年後ですが、
それまでは現行の請求書に記載項目をプラスしていくイメージです。

現行の請求書:
1.発行者の氏名・名称
2.取引年月日
3.取引内容
4.取引先(書類の交付を受ける者)の氏名・名称

2019.10.1~2023.9.30は、
5.軽減対象であることを明示
6.税率が異なるごとの請求額合計

2023.10.1~は、
7.登録番号
8.税率が異なるごとの消費税合計

飲食店の請求書は、既存のものを生かして考えられたらよいのではないかと思います。

軽減税率やインボイス制度は、飲食店だけでなく
すべての事業者が大きな影響を受けます。

自社ではどのようなことが必要になるのか、、
そろそろご準備ください!

渋谷3丁目の河津桜

会計を経営にいかす!
税理士法人永川会計事務所

↓↓↓   ブログランキングに参加しています!
↓↓↓↓↓   クリックしていただけると嬉しいです(^^

にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください